3.16.2018

末井昭
自殺した息子に対して加害者であるという意識を持ち続ける映画監督 原一男インタビュー

『自殺』で自身の半生を丸裸でひょうひょうと綴った末井昭さんが、自殺に関係するさまざまな人と出会い、いろんな場所を訪れながら、人間と自殺についてぐるぐる考えてゆく、そんな書籍を制作中です。今回は、23年ぶりの新作ドキュメンタリー映画『ニッポン国VS泉南石綿村』を公開中の映画監督・原一男さんとのお話を公開します。息子さんが自殺された原一男さんとの自殺の話。ぜひどうぞ。(編集部)

原一男さんは元々は写真家志望でした。一九六九年に障害児をテーマにした「ばかにすンな」という写真展を銀座ニコンサロンで開催したとき、それを観に来た小林佐智子さんと出会います。その後、小林さんの提案で映画をつくり始め、原さんの彼女だった武田美由紀さんもそれに参加します。一九七二年、最初の映画『さようならCP』が完成すると同時に、小林佐智子さんと「疾走プロダクション」を設立し、小林さんは映画と私生活両方のパートナーとなります。

『さようならCP』は、重度の障害者は町に出られなかった時代に、脳性麻痺者たちが街頭で不自由な体を積極的に人目に晒していく映画です。観ている自分が障害者をどう見ているかを問われる映画であるとともに、観終わると心が解放されている不思議な映画でした。

その二年後に公開する『極私的エロス 恋歌1974』は、二人の女性の自力出産の映画です。原さんの元恋人の武田美由紀さんが、原さんのアパートで自力出産し、それに続いて、小林佐智子さんも自力出産します。前彼女と現彼女が同じ部屋で自力出産し、それを撮るという、なんとも変わったショッキングな映画です。画面いっぱいに開かれた股間から子供の頭が出てくるところは、どんな映画よりも迫力ある感動的なシーンです。

この映画が話題になって、原一男の名が世に知られるようになります。僕はこの映画をリアルタイムで観ていないのですが、公開当時はどこの会場も満員だったそうで、四谷公会堂では大島渚監督も入場者の列に並んでいたそうです。

その後、五年かけて完成した、奥崎謙三を追ったドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』(一九八七年)が大ヒットします。原一男の名前をこの映画で知った人も多いのではないでしょうか。

奥崎謙三さんという人は、神戸のバッテリー屋さんなのですが、天皇の戦争責任を追求する過激なアナーキストでもあります。僕はこの映画が公開される十五年前、奥崎謙三さんが書いた本『ヤマザキ天皇を撃て!』(三一書房)を読んでファンになりました。